韓国で演奏してきました!5日目。

もはや最終日なので、ただの移動日です。
演奏の話は一切ありません。

朝からNHKのニュースに釘付け。
台風が巻き起こした被害の大きさに((((;゚Д゚))))

飛行機は飛びそうなのでひとまず空港へ!
釜山までは車で一時間、途中の高速道路のサービスエリア。
屋根が豪華

なぜかバッティングセンター??
おそらくそうだよね。
休憩がてら「ちょっと打ってくる(*゚▽゚)ノ」とかあるんかね。

けっこうぎりぎりで空港着!
釜山

けっこうぎりぎりでも昼食たべました!
サムゲタン
サムゲタン(*゚▽゚)
けっこうぎりぎりなのになぜ熱々をたのむ??というツッコミがありそうですが。

飛行機はけっこう揺れました。
ちょっと気持ちわるくなりそうでしたね。
行きで途中だったスタートレックの続きを見ました。

着陸もスムーズ。
日本についたときは、電車などの遅れの影響を受けました。

僕は、その日に新幹線で新潟にもどらなければいけなかったので、飛行機の遅れがなく一安心。
僕の乗る予定の新幹線が1時間ほど遅れて発車。

いろいろとありましたが、無事新潟に戻れました。

韓国のみなさま、フェスティバルのみなさま、通訳のスタッフのみなさま大変お世話になりました。
そして貴重な機会をくださった師匠に大感謝です。
ありがとうございました!

いつか、日本でもこのようなイベントができるように、できるような自分になるように、がんばろうっと。

では、ごきげんよう。
スポンサーサイト

韓国で演奏してきました!4日目。

韓国で演奏してきました、というタイトルながら、もう演奏は終わって今日は観光!

ってことで行って来たのはこちら。
仏国寺
仏国寺です。
世界遺産にもなっています。
観光客がいっぱいです。
日本でいうと、慶州は奈良という感じでしょうか。
こちらに来る途中にも沢山の観光名所やリゾート的な遊びができる場所もありました。

お昼は、牛のスープ。
牛のスープ
金属の器なんです。
もちろんおはしも。けっこう重いと思うのは僕だけでしょうか?
食事は亀仙流の修行が取り入れられているのですね。そうですね、ちがいますね。すみません。

午後は、海へ行きました。
20130915-3.jpg
僕が指差しているのは王様のお墓です。
「万波息笛」の伝説にもゆかりのある王様です。

死んだ後も国を守りたいという意思で、海にお墓を作らせたそうです。

この先には日本が、新潟があります。
普段見慣れた海も逆側から見ると感慨深いものです。

海のそばには、イカとか昆布を干したものを売る屋台、海の家のような食事をする場所があり・・・。
おさしみ!
韓国のお刺身たべてました。
ぶつ切りって感じですね。
豪快!

わさびとしょうゆで食べるのももちろんですが、ごま油、焼肉のタレみたいなコチュジャンでもたべます。
わさびの色が!

そして焼肉のように、こんな感じで食べたりもします。
まく!
これがうまかったです。

そしてホテルに戻り、パーティ。
スケジュール表に「dress-up」(゚ロ゚;)エェッ!?っとかいてあり、さて困ったなと。
こりゃ最悪、紋付だなと思っておりましたが、持っていたジャケットで事なきを得ました。
紋付だったら逆にやばかったです((((;゚Д゚))))

ビールやら焼酎。
おさけ
料理もおいしく楽しい時間でした。
主催者から感謝状をいただき、各国代表が共同作業でケーキをきったりエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?となぞのセレモニーもありました。

宴ももりあがって、楽器もってきてこんな感じに。
余興が
笛の方はベトナムの方なのですが、まあ、すごいすごい。
彼のショーのようになってました。

ホテルのスタッフも気を利かせて会場のライトを調整して、ステージを明るくしてと遊んでくれてました。

で、もう一人、ウズベキスタンの打楽器です。
この楽器もおもしろかった。フレームの内側に金属の輪がたくさんついていて、それがシャリシャリなるのと、もちろん皮をたたくのと、楽器を床にどんどんと弾ませるとさらに音域もビートも加わるという。

で、この後はカラオケにいきました。
満喫しました。

ありがとう韓国。
韓国に行くたびに、韓国の人はとてもよくしてくれます。
音楽という共通のもので国を超えて交流できるのって本当にいいことだと思います。

こんなたびに、日本でも同じようなことができたらと思います。
僕に経済力(゚ー゚)と政治的力(゚ロ゚;)があればと思いますが、ないものねだりですね(T-T )

明日は日本に帰国します。
日本は台風が接近中で・・・。飛行機どうなるのかしら。
万波息笛、吹かないと!!!

ではごきげんよう。

韓国で演奏してきました。3日目。

韓国で演奏してきました。というタイトルで進めていますが、演奏したのはこの一日だけということですが、それは置いておいて・・・。

日本ではMH4狩猟解禁ということで、いたるところでハンターたちが狩りを楽しんでいるということですが、それも置いておいて・・・。

はい、今日、演奏です。
2013 GYEONGJU WORLD TRADITIONAL WIND INSTRUMENTS FESTIVAL
http://www.pirifestival.com/wizhome/menu_96.html
このコンサートです。

慶州の伝説に「万波息笛(Manpasicljeok)」という笛があります。
新羅の王様に竜を使いにして送られた竹でつくられた笛です。
この笛を吹くと敵は退き、病は治り、日照りでは雨が降り、風が収まり、波が静まるというのです。

韓国の伝統的な笛はテグムっていう横笛があります。
http://koizumi2.ms.geidai.ac.jp/asia/jp/korea/taeg/000554.html
こんな笛をイメージしてください。

この笛のフェスティバというようなコンサートが韓国の慶州で開催されている理由でもあるんですね(*゚▽゚)

今日の昼食は!
チゲ
鍋でした。
汗かきながら食べました。
これからリハなのにー(゚ー゚*)

ステージから客席を見るとこんな感じ。
壮観
赤い椅子がいい感じ。

リハーサルの様子です。
リハーサル
師匠の福田輝久先生のリハーサルです。
箏・三味線・尺八の三重奏、丹波明先生作曲の「音の干渉」。
いやーこれはこれは。
他国が民族音楽の延長にある音楽をする中、日本はごりっごりの現代音楽。
先端も先端です。エッジが効いております。

僕は先生と二人で「呼返鹿遠音」と。
なかなか渋いぞ日本の曲(*゚▽゚)

ホールの地下の食堂にてバイキング形式の夕食を食べあれよというまに本番。
チャプチェたべたらすげぇ脂っぽくて、唇がぎらぎらになりました。
叶姉妹かL(゚□゚ )バシッ!!

演奏はマイクで拾ってもらうのですが、ワイヤレスのピンマイク。
ほっぺたにマイクをぺたっと、コードが耳の後ろをとおして隠されています。

直前に、演奏部分の修正などあって少しあわてましたが、無事終了。
お客さまにとっても、かなり緊迫感ある演奏でしたね。
そこからの「音の干渉」ですから。

日本の前はウズベキスタンでなかなか陽気な音楽でしたから、かなりのギャップです。

インドや中国、ベトナムの演奏が終わり、出演者みんなでアリランを演奏。

終演後は、出演者で写真撮影会が始まりました。
中国のチーム
中国のチームと。
みんないいカメラ持ってきてた(゚ー゚)。

日本チームで。
日本チーム
先生と一緒に舞台に立つのはとても光栄なことで。
しかも、こんな世界からプレイヤーがあつまる大きなフェスティバルで演奏させてもらえてさらに光栄でした。
ありがとうございました!

そしてホテルにもどり、
ビール
僕の部屋で軽く打ち上げ。
軽く??ビールのペットボトル(゚ロ゚;)!?も軽く(こっちか)あいてしまいました。
缶ビールもあいたあとにこれもあいちゃたから、なかなか飲みましたね(゚ー゚)

あしたは、慶州の観光!
役目を終えてホッとしました。
観光楽しみます。

ではごきげんよう。

韓国で演奏してきました。1日目。

韓国は慶州で演奏することになりました。
光栄にも師匠の福田輝久先生と一緒に(゚ロ゚;)
いやーこりゃたいへんだってことで。
オケアジで韓国に何度か行かせていただいておりますが、ソウル以外の都市は初めて。

ってことで出発は成田から。
成田空港
まずは成田から釜山に向かいます。

飛行機だ!
ちらっと
僕が乗る飛行機ではないです(゚ー゚*)

2時間のフライトとはいえ、機内食がでるもので。
おやこどん
親子丼でした。おいしかったー(*゚▽゚)

大韓航空の飛行機でした。
若かりしスポック!
タッチパネルのモニターでした。おっしゃれー。
スタートレックスの最新の映画をみました。

もちろん、いいところで釜山に到着するため終わりまで見れませんが。

そうこうしているうちに釜山に着陸。
あっというま。近い。
ターンテーブル
早々に荷物をとって外へ。
あっという間に荷物が出てきました。

ちょっと曇っていたかな。
天気
ここから慶州まで車で移動します。
だいたい1時間くらい。

通訳スタッフの方が迎えに来てくださってました。

車の車窓から
一路、慶州へ。
窓から見える景色は、やはり韓国っぽい雰囲気。
日本とは違うねー。
でも、なんとなく似ているような雰囲気もあったり。

なんだかんだでホテルに到着。
このホテルがまたでかい!
ひろいひろい。
各階の中央にあるwi-fiが、僕の部屋までたどり着くころには、がんばれと応援したくなるほど弱くなっているくらい広い。

なにげにテレビをつけたら
キムチどーん
キムチ。

おそらくテレビショッピング。
日本のテレビショッピングでよくみる、カニのやつに似た雰囲気。
ズワイガニの足がー、さらにー、さらにー、おまけでーみたいな。

キムチがさらにー、もっとー、さらにに増やしてー(*゚▽゚)

って感じでしょうな。

出演する「2013 GYEONGJU WORLD TRADITIONAL WIND INSTRUMENTS FESTIVAL」のパンフレットより。
http://www.pirifestival.com/wizhome/menu_96.html
写真
尺八奏者なのに着物姿の宣材写真がないという変な僕なので、急遽撮影した写真。
目が死んでる。
しかも、印刷の段階でなんか横に伸びてる。
でかい顔がさらにでかく・・・。

そんなこんなで一日目おわり!

ではごきげんよう。

観光した。

岐阜にきております。
今日、新潟にかえります。

飛行機は夕方の便なので結構時間があります。
てことで観光します。

岐阜駅前の金の信長像
岐阜駅からしゅっぱつー(*゚▽゚)
バスに乗って移動と。

むかうは金華山。
必修でしょ。
ちっさく岐阜城見えてる。
けっこうな山です。
その上に岐阜城があります。

岐阜公園の中を散策。
ちっさく岐阜城写ってる。

あのひとも縁のある公園。
板垣
死すとも自由は死せずの人です。

目的の岐阜城は山の上です。
ロープウェイ。割引券をホテルにてゲット済み(゚ー゚)ニヤリ
ロープウェイにのって山の上までいってその先に岐阜城があると。
ロープウェイ使わないで登ることもできるので山登りの格好をしっかりとした人も。

僕、革靴だわ((((;゚Д゚)))))
ま、ロープウェイだし、平気だろとおもっていたら・・・
そこそこいい感じの石段ですよ。
こんな感じのところをぐいぐい進めとのことでした。
まあ、大丈夫だけど。
歩きやすい靴をおススメしますね。

猪出ちゃうの!?
てか「猪に注意!」って看板が立ってるとかもう。

結構進んだところで見えました岐阜城!
でた!

いいわー(゚ー゚)ニヤリ

中に入って天守閣から外を・・・


びゅーΣ(゚д゚lll)って風強すぎ。
素晴らしき景観
ちょこわいっす((((;゚Д゚)))))

しばらくして少しなれて、ぼんやりとしてました。
風が気持ちよくなってきました。
もう少ししたら汗が冷えて寒くなってきました。

遠足風の子どもたちも多くなってきたので、退散。
天守閣からやっほーやっほーと叫んではしゃいでました。

来た道をもどり、ロープウェイで下山。


岐阜から名古屋に移動。
名古屋では別の目的もあったのだが、今回は都合が付かず断念。
またの機会に。


名古屋にきたので、食べました。
味噌煮込みうどん。
山本屋
必修です。
名古屋コーチン入りです。
ここまで必修を納めるなんて素晴らしいです。
学生時代とはえらい違いです(゚д゚)


ときたら、観光優等生がとる次の行動は・・・(*゚▽゚)

ここだ!
ばばーん
ベタだ。
ここまできたら面白くもなんとも無い。

てか、名古屋城、広すぎ、でか過ぎ。
天下統一後に作られた城はすげぇ。
僕としては岐阜城の戦国感ただよう場所に立ってる城にロマン感じるわぁ(゚ー゚)
勝手なイメージですが。
とおい・・・
とおくからその姿がちらっと見えて、思わず「とおいわ(゚д゚lll)」とつぶやいてしまいました。
こちとら、すでに岐阜城を攻めてきてんだ( ゚∀゚)o彡゜

名古屋城はにぎわってたなー。観光客で。
岐阜城は地元の方でにぎわってた感じだな。
でかい。
こちらも天守閣までのぼって楽しんできました。

んでここから地下鉄の駅までもどんのかよ(;゚д゚)と思って少ししょげる。
石垣すげぇな。

一日のうちに二箇所も城攻めしてきたので時間もぎりぎりになってきて、空港へ移動。

空港で最後の必修、味噌カツを食べて。
矢場とん
もうここまで来るとなんだ、お手本だわ。
ご馳走様でした。
また取り残した必修があるのでそれは次回に。

そんなわけで岐阜・名古屋楽しんできました。
また演奏できて観光して帰りたいです。
足はかなり消耗しました・・・。
飛行機の中では爆睡。
とぶまえからヨダレたらしてました(゚ρ゚*)

自宅の布団で寝るのが一番ね、と旅行帰りの定番の決め台詞を棒読みましておわりです。
無性に戦国無双がしたくなった。

ではごきげんよう。

さようなら札幌。

今日で新潟に戻ります。


朝起きたら((((;゚Д゚)))))


ビュービュー雪降ってます。

積もってます。

札幌の朝。


昨日まで、路面が見えていた道路も雪で真っ白になっております。
真っ白。

まだ冬なんだね。
思い知らされましたΣ(゚д゚lll)

移動する頃には雪はやみました。
さむいです。

でも地下街は暖かいです。

汗ばむくらい。


なんとなく立ち寄ってみた。
時計台
お手本のような時計台の写真だ。
時計台をチラッと堪能。


札幌きたら食べなきゃいけないものがあるので。
スープカレー
駅ビルの中にあるお店で食べました。
スープカレーですね。
一時期、認知度も高まって、札幌以外でもいろいろなところで食べれるようになりましたが。
次はいろいろなお店を試したいのですね。
そのときは胃袋と相談ですねぇ。

そして千歳空港に移動。
お土産屋さんがならぶ。
改装中のようで、一部お土産屋さんが仮テンポでの営業とか。
たくさんの人でにぎわってるわー。
テンションもあがるし(*゚▽゚)つ

んで、また食べました。
ホエー豚
ちょっと前に手がつけられないほどの話題になった花畑牧場。
今は手がつけらますよ。

ホエー豚の豚丼。
ほえー(*゚▽゚)ってかんじ。

カフェメニューのピザも食べてみたかったが、それは今度にしよう。

飛行機に乗り込み新潟へ戻りました。
一時間くらいだもんね。近いわ。

新潟もさむいですね。
そして夜になって新潟もまだ冬だったということを思い知らされました((((;゚Д゚)))))

もうすぐ春だと、浮かれてはいけませんね。


ではごきげんよう。

札幌に来た真の目的

それは、水曜どうでしょうの最新作をいち早く見たくて・・・、うそです。

レコーディングです。

あ、水曜どうでしょうの最新作も見ました。
相変わらずでした。
新潟での放送を楽しみにしておきます。


今日、スタジオに行ったのですが・・・。
でかいです。
なんかすごい感じ。
宿泊施設も兼ね備える「芸森スタジオ」。
でっかいす。

なごむ。
おでむかえ。

テンションのあがるコントロールルーム。
テンションあがります。

やべえ、広すぎる。
バブリーな施設だ。

ピアノはSTEINWAY。
練習中のマーサ


((((;゚Д゚)))))
いやあ、大型スタジオってこんななんですなぁ。


いろいろ話を聴くと、なるほどと思う経緯。
なんにせよ、日本にバブルな時代があったからこそのスタジオです。

うん、なんかテンションあがるわ(*゚▽゚)つ
で、ばしゅーっと吹いてきました。


あ、到着早々、昼食をいただきました。
それがこれ。
焼きオムレツ
こんなおいしい食事が出るスタジオなんて(゚д゚)
サラダのドレッシングがうまかったっす。
杏のジャムを使ったジャムですって、奥様L(゚□゚ )

スタジオのみなさま、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
マーサもレコーディングお疲れ様でした。
話を聴くと、すごいペースで録ってたようでびっくりしました(;゚д゚)


札幌は-4℃とかで。
ちょーさむかったっす。

夕飯は「けやき」のみそちゃーしゅう。
ちゃーしゅうが特徴的

やっぱり、みそらーめんははずせないよね。

明日は何食うか。
レコーディングにかこつけて食べに走りすぎですね。
そんな札幌Daysも明日で終了か。


ではごきげんよう。
Information

出演情報
[ 2016.5.22 ]
薫風之音
新川文化ホール小ホール(富山県魚津市)
和楽器スーパーライブ2016 薫風之音コンサート

[ 2016.5.15 ]
薫風之音
砂丘館(新潟市)
薫風之音ライブ2016

[ 2016.5.8 ]
尺八四重奏団「破竹」
伊那市生涯学習センターホール(長野県伊那市)
尺八四重奏団「破竹」コンサート

=============

[楽曲提供しました!]
超耕21ガッター
TV放送第3シーズン
謎の男 流れ笹次郎のテーマ

[楽曲提供しました!]
ラジオ番組「FM Port スポーツスペシャル REAL ALBI」
2016年テーマ曲

=============
以下は終了いたしました。

[ 2016.4.17 ]
薫風之音
白山神社(新潟市)
白山春祭り「奉納演芸」

[ 2016.4.5-6 ]
薫風之音
自由学園明日館(東京都豊島区)
夜桜コンサート

[ 2016.3.27 ]
ジュニア邦楽合奏団
りゅーとぴあコンサートホール(新潟市)
第12回スプリングコンサート

[ 2016.1.20 ]
薫風之音
新潟市役所ロビー(新潟市)
ロビーコンサート

[ 2016.1.9 ]
薫風之音
Live in Studio A 2016
「青嵐の抄」
りゅーとぴあスタジオA(新潟市)

[ 2016.1.2 ]
薫風之音
FM Port 79.0MHz
PORT Tastig Music

おしらせ
・コンサートチケットのご予約は、受付完了の返信メールがあって、完了いたします。メールでお申し込みをされて、1週間以上返信がない場合はもう一度お申し込みください。

・コンサートのチケットお申し込みや各種お問い合わせをメールでされた方で、返信が1週間以上ない場合、サーバーの都合で迷惑メールに分類されてしまい、私の手元に届いてない場合があります。そのような場合は、お手数ですが、もう一度メールを送信していただくか、ブログ内のメールフォームをご利用ください。ご迷惑をおかけしております。

・リンクのないコンサートの詳細は後日記載させていただきます。 少々お待ちください。

尺八教室のご案内
・鯨岡徹はこんなところで尺八を教えています。L(゚□゚ )

<鯨岡尺八教室>
初めての方でも安心の丁寧な個人レッスン!初歩の初歩、持ち方から丁寧に指導します!
仲間と一緒にグループレッスンも!

<尺八勇魚会>
鯨岡徹が主宰の尺八研鑽会。
演奏技術の向上をめざそう!!

<和楽の会>
新潟市で活動する和楽器サークル。講師として指導させていただいてます。初歩の方も丁寧に指導します。
箏・三味線もあります。

<新潟市ジュニア邦楽教室>
新潟に住む子ども(高校生まで)は迷わずこちら。
尺八講師・指揮者として指導させていただいています。

詳しくは、
http://kujira108.web.fc2.com/lesson.html
をご覧ください。

またメールフォームなどからお気軽にお問い合わせください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
常連さんもサーチエンジンでうっかり迷い込んだ方も、ブログ内の記事検索できます。どうぞご利用くだされ。
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CD・楽譜のご紹介
薫風之音「たまゆらのもり」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


薫風之音CD情報
[ 2012.12月発売 ]

絶賛発売中
薫風之音2ndCD「風花の抄」
薫風之音2ndCD「風花の抄」
→ご購入はこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/

薫風之音「百花咲く」
CD「風花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


[ 2010.11月発売 ]

好評発売中
薫風之音1stCD「月花の抄」
薫風之音1stCD「月花の抄」
→お求めはこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/

薫風之音「籠の鳥」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


薫風之音「月ノ雫」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


============= 楽譜情報

楽譜「月ノ雫」
編成:箏・尺八

楽譜「籠の鳥」
編成:箏・十七絃・尺八

楽譜「砂山」
編成:箏・尺八

楽譜「さくらゆらり」
編成:箏・尺八

→お求めはこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/
プロフィール

isanaweb

Author:isanaweb
尺八:鯨岡徹(クジラオカトオル)
新潟・富山を拠点として活躍中。演奏も作曲も編曲も指導もコンサート企画制作もやってます。
オーケストラアジア、オーケストラアジアジャパン団員。箏・尺八二重奏「薫風之音」メンバー。尺八四重奏団「破竹」メンバー。新潟市ジュニア邦楽教室尺八講師・合奏指導、指揮者。

★YouTube
イサナミュージックちゃんねる
曲が聴ける!

★Twitter
twitter.com/kujira108
いさなくんがつぶやいている!

 鯨岡尺八教室では、持ち方から!?丁寧に指導いたします。初心者も経験者も大歓迎です。尺八を始めたい方はお気軽にお問い合わせください。→鯨岡尺八教室、詳しくは、http://kujira108.web.fc2.com/lesson.htmlをごらんください。

最近の記事
最近のコメント
ブログ掲載内容に関して

個人的趣味のページですが、関係者の方が記事に問題があると思われた場合(内容が間違っている、著作権に触れるなど)には、ご連絡いただければそれなりに対処をいたします。
下記のメールフォームからお願いします。

メールフォーム
「何が起こるかわからないから〈略。」に関するお問い合わせはこのフォームからどうぞ。尺八のレッスン・和楽器の演奏依頼・体験教室から、おいしいお店・食べ物・癒し処etc.の情報まで、何でもお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
RSSフィード