世界子どもフェスティバルin中国 その6

中国六日目です。
今日は帰国日。帰るだけ。

同じ日本から来ていた和歌山の代表団は、飛行機の関係で早朝の出発で大変な感じでしたが、私たちはのんびりできる具合のよい時間に。
ゆっくりと朝食をいただきました(*゚▽゚)ノ
北京の朝食
おいしい。
これぞ朝食という感じの朝食をひさびさに食べれた気がする(゚ー゚)。
パンもうまかった。
たべたたべた。

部屋の前に有名人の肖像画があるお話しましたが・・・。
これ別の部屋です。
作家の魯迅です。
阿Q正伝です。
魯迅が泊まったへやのようですね。

チェックアウトして空港へ向かいました。


空港について手続きをして待っているときの話です。

フライトケースに包まれた箏がかなりでかいのでみなさんみじろじろ見てます。

んで、他のお客さんにが、これ何??ボート?とかきいてくるから、
楽器だよって教えて、どんな?とかさらにぐいぐいきたので、

(*゚▽゚)「ジャン」
とかうろ覚えの中国語で箏だって言ってみたのですが。

(゚ー゚*)オヨ?
ってかんじで、

ジェスチャーつけて説明して「ジャン」って言ってるのですが、

(゚ー゚*)オヨ?



なんとか伝わって、

向こうが、「あージャン、ジャン。」

とかいってるし。

だから、「ジャンだ」って言ってるし、ずっとーΣ(゚д゚lll)
発音違うのはじんわり感じているけどさぁ。

発音違うとそんなに意味変わっちゃうのかねぇ。
片言の日本語とかぜんぜん意味推測して聞けるのにねぇ(゚ー゚*)
北京空港

北京から仁川に向かう飛行機は大きかったですな。
機内食はこれだ。
おいしいですねぇ。


そして仁川にてのりかえ。
韓国から参加していた代表団ともお別れして、新潟へ向かう。
もうすぐあっというまです

新潟へ向かう飛行機の中でも機内食。
でた!
こんなかんじでした。

おいしゅうございました。

新潟に着いたらすごい湿気。
蒸し暑さにやられてしまいました。

子どもたちも久々にご両親に会えて安心したでしょうに。
ゆっくり休んでください。

この旅で学んだこと、感じたこと、いろいろ大事にしてください。
ジュニア邦楽で生かせるように頑張ろう。
よろしく。

空港から直通バスに乗って新潟駅。
タクシーで自宅に帰り、ようやく私もほっと一息です。

ではでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト

世界子どもフェスティバルin中国 その5

中国5日目です。
昨日で世界子どもフェスティバルが閉幕しました。

住み慣れた済南市を離れます。
今日は北京に移動!
新幹線です。

モーニングコールが問題なく鳴り、無事に起床。
朝食
食べなれた朝食ともお別れです。
チャーハンは胡椒がきいてからかったなぁ(゚ー゚)。
寂しいですねぇ。

さてさて。
バスで駅まで移動です。
スーツケース、楽器など大荷物での移動ですのでおじさんけっこう心配。
箏はフライトケースに包まれてましていつも以上の巨大さです。

駅
いやー駅が大変だった。
エスカレーター的なものがなく、スーツケースをもっての階段の上り下り。
子どものちからだとかなりきついですね。
新幹線にのって汗だく(;゚д゚)

通訳として同行してくれていた劉さんはここでお別れになってしまいました。
劉さんのおかげで素晴らしい済南ライフでしたからね。
別れ際は少し悲しげでした(゚ー゚*)
出発直前まで新幹線内にいて、外から窓をどんどん叩かれて、もう出るから降りろーって言われてました。

新幹線走り出して、北京に。

窓から見える風景は様々です。
都市も農村も。


3時間ほどで北京に着きます。

んでつきました。
一気にきれいな駅のホーム
ここはエレベーター、エスカレーターありそうです。
ありました。
少し楽です。

改札を出てバスに向かう。
駅中も広い。

写真のバスは目的のバスでなくて・・・。
バスはまだ先。

まだまだ先でして・・・。

炎天下の中、けっこう先のバスまで歩いてゆきました。
箏・・・でかすぎΣ(゚д゚lll)
汗だくです。

北京市内を移動し、本日宿泊予定のホテルをスルーしてΣ(゚□゚(゚□゚*)観光に突き進みます。
休ませてくれー(゚д゚)。
おじさんは暑くてやられてしまいそうだー。

北京は和歌山からきた代表団のみんなと一緒に移動です。
少し仲良くなりましたよ。

んでね、天安門広場へ。
日陰も何もない野ざらしの空の下へ。
あっつー。

でかいビジョン

40度近いとか。

天安門
記念撮影とか。
100元とか。
欲しい人は言ってくださいとか。ホテル持って行きますとか。
誰も手をあげないとか。

ガイドさんの商魂炸裂でしたが、不発でした。

もう天安門広場はそのためだけにつれてこられたとしか思えない感じになってしまいました。
朝早くおきて移動してきたこと、子どもの歩くスピードや、炎天下であること、子どもが中心の団体であることをまったく配慮しないところへの商魂丸出しに少し、いや、かなり??暑さも上乗せしてイラッ((((;゚Д゚)))))。

ぐったりとしてバスで移動。

ガイドさんお土産の紹介。
お菓子、カタログなど配りました。
こんな。
むいてみた。
むいたらこんな。
たべたらそれなりにおいしかったです。

そんななか、夜のオプションツアーの提案をしてくるガイド。
雑技とか演舞とか見に行かないかとか。
だから、団体の性質とか様子見て売り込めよー(;゚д゚)

ここから昼食をはさんで万里の長城に向かうようです。
この暑さの中、どうなるのやらと少し心配。

少し眠る。

いかにものなところに到着。
一階がお土産や、二階が食堂と。
派手
レストランでは日本語で話しかけてきます。
他のお客さんも日本語話して感じです。

そんなところでの昼食がこれです。
はい。
なんというか、微妙でしたね。
お味噌汁なんかもありましたよ。
もちろん、微妙でしたよ。

飲み物はコップ一杯で10元ですって。
そー。

一階のお土産屋さん。

たっかーぃΣ(゚□゚(゚□゚*)
先日済南市でかった同じ品物が5倍、10倍の値段で売っております。

さてさて。

またバスに乗り込んで、さらに移動。
しばらくしたら万里の長城に到着しました(゚ー゚*)
向こうの山も長城

一時間の滞在時間とのこと。
でかい
見上げる。
がんばるかね。首タオルです。
ただただでかい
見下ろす。
風が気持ちいです。
けっこう急だ
少し上って見下ろす。
きれいになっていますが、段差が微妙に違ってなかなか厳しいです。
まだまだのぼる
見上げる。
ほわー(゚д゚)
見下ろす。

壮大です。
万里の長城。

戻りのほうがしんどいのでよき頃に引き上げる。
子どもたちは体を動かすのが好きみたいで。
上るという目的があるなら、体は動いたようです。
天安門広場とはえらい違いだ。

おりて、アイスをくったりジュースを飲んだり。
なかなか。
みんなおつかれさま。

市内に戻るバスの中ではさっき配られたお土産のカタログを見て買い物でにぎわっていました。
ガイドも少し安心したでしょう。

夕食までに時間があるから、お茶屋さんによってお茶してゆきましょうとのこと。
お茶のお土産屋さん
てことでお茶のお土産屋さんに連れてこられました。

丁寧な日本語で実演しながらいろいろなお茶を飲ませてくれます。
こんな
感じ
お茶もたくさん売れていたしガイドも満足でしょう。

そして夕飯はこちら。
夕飯のレストラン
生簀がある感じのところです。
生簀の中では、いきのいい魚と・・・そうでないのと(゚ー゚*)、あ、まあね。
こんな感じ。
なかなかおいしゅうございました。

ようやくホテルに。
いやーつかれた。
今日はつかれたよ。
本日のお泊りはこちら。
すごーく歴史のあるホテルのようで。
泊まる部屋の前に有名人の誰がとまったとか肖像画付で。
趙丹??
僕の止まった部屋の前にはこんな肖像画。
テレビスターらしいです。

お部屋はこんな感じ。
なんとも雰囲気のある。
アンティークで落ち着いた部屋でした。

新潟市は北京にも事務所があってそちらの皆さんが激励に来てくれました。
ありがとうございました。

旅ももう終わりですね。

明日、日本に帰ります。

ではごきげんよう。

世界子どもフェスティバルin中国 その4

さて、中国4日目。
今日で子どもフェスティバルの公式日程は終了です。

毎朝モーニングコールにておきておりましたが、今朝はなぜかモーニングコールがならないという事態。
朝食がぎりぎりでした・・・。
それでもしっかり食べないとね。
朝はしっかり食べる派です。
さーっと食べて、そのまま集合場所へ。


今日は学校へ見学へ。
バスに揺られて学校に到着したら、こんな歓迎が。
ブラバンですか?
わお(*゚▽゚)

小学校と中学校が一緒になっているそうです。
なんだかでかい

校長先生の歓迎のあいさつがありまして。
あいさつ

絵を描いている教室、書道をしている教室を見学して回る。
すごいうまい
なんかかなりじょうずなんですけどーL(゚□゚ )

扇子を使った演舞。
びしぃ
赤い扇子。

見ていたら水が配られました。
今日も暑いです。

屋内に移動して、次は武術、京劇、音楽などを。
なんか笛
笛吹いています。
隣に座ったこの学校の生徒とおしゃべりしながら聴いていました。

後ろ振り返ると・・・。
苦笑い!?
指揮してる音楽の先生発見。
扇子だ(*゚▽゚)

ちょっとセクシーなベリーダンスをはさんで、京劇。

かわいらしい踊り子さんたちがダンス。
なんだろ、モーニング娘風。けしてAKB48ではない感じですね。
京劇
センターで歌っています。

来校した各国の代表団の出し物も披露。
イスラエルのクラリネットアンサンブル。
韓国のポップスダンスとサムルノリ二連発。
わがジュニア邦楽教室の三味線演奏。

そして終わった後は子どもたちが写真を撮ったり贈り物を交換したりと交流していました。

ふと外を見ると。
京劇のバックの
京劇のかきわりを片付けていました。


今日のお昼は、マクドナルド。
中国のマクドナルドはどんなになってるんでしょうね。
赤と黄色のもじゃもじゃカツラは店員さんですよ。
こんな感じですね。
ワールドカップ開催中でしたので、店員さんはそんな格好。

ビックマックです。
変わらない。

セットはこんな感じ。
変わらないマックの味。

日本にはないタロイモのパイが。
日本にはない。
これ、うまい。
おいしかったですよー(*゚▽゚)ノ。


そして、ホテルに帰り、準備、事前リハなどをして満を持して閉会式に望みます。
お上手
青少年宮のみんなの演奏で開会式は幕を開けました。

表彰
表彰などがおわって・・・。

ここから各国の出し物タイム!!
どんなことしてくるかねー。
オーストラリアの唄
歌ってます。

謎の国のダンス。
ダンス
会場盛り上がってます。

スウェーデンのスェーデン体操。
体操

ドイツの民族ダンス。
踊ってます。

わがジュニア邦楽チームはここで準備に。
イスラエルのクラリネットや和歌山の子どもたちのよさこいそーらん。
韓国の縄跳び体操。ポップスダンスなど。

こどもたちが一生懸命やっている姿はいいものです。

プンムル
韓国のプンムル。
かっこいい。見てて楽しい(*゚▽゚)ノ

最後はアメリカ。
アメリカのダンス。
ああ、アルファベット順だったのね。

最初のアナウンスでEVERYBODY DANCE NOWといわれたときは、まさかのまさかと思いましたが、そのまさかで、なつかしのあの曲に合わせてアメリカの子どもたちが踊りました。

最終的に全員が壇上に上がってめでたしめでたし。
子どもフェスティバルは大盛況でしたね。

子どもたちの国際交流。
たくさん感じたことまなんだことあったと思います。
これからちょっとづつその変化が目に見えてくるんじゃないかなぁ。と、おっさんは期待。

くたくたになりまして、ホテルに戻る。
明日は早朝の出発。

寝坊しないように。

ではごきげんよう。

世界子どもフェスティバルin中国 その3

中国三日目ですよ。
済南市にきて三日がたちました。

朝から中華料理なんですね。
当たり前ですが。
朝食会場
こんな感じの朝食会場です。すごく広いですよ。
201朝しっかり食べます。
んで、こんな感じ。
なかなかいけますよ。

今日はオリンピックスポーツセンターとやらに。
中国の国体はかなりの規模で行われるようで、まあ人口がすごいですからね、そのために作られたおっきーなめちゃくちゃおっきーな施設。
フィールドとトラックのあるスタジアム、テニスコート、体育館、プール。
でかすぎ・・・。
スタジアム
でかいでかい。
概観
柳や蓮をイメージした概観です。
柳や蓮は、済南市の象徴のようです。
体育館
体育館です。
一つ一つの施設を移動するのがとおいっす。
でかすぎます。
そして今日も暑い(゚д゚lll)

プールですね。
プール。
飛び込み台です。
何重にもろ過した水がつかわれているそうです。

視察を終えてホテルに帰ります。昼食へ。
道中、済南市政府の庁舎が、どばーんって。
すごいでかいです。
何千人も働いているそうで。
済南市政府の庁舎のようです。
各フロアに食堂があって、美容院やスポーツジムもあるとか(*゚▽゚)

ホテルに戻り昼食。
昼は朝とは違う会場で。
おひるです。

午後は青少年宮にいってスポーツ交流とか。
出発の時間まで新潟市ジュニア邦楽チームは長縄とびの打ち合わせと練習。
ひざしがつよいです・・・。

青少年宮ではまず、少林寺拳法の演舞。
いちれつにならんでー。
ちびっ子拳士たちがいろいろみせてくれました。

かたなをもつちびっ子。
刀をつかった演舞も見せてくれました。

かっこいい!


次は中国ゴマでして。
2010おじさんの中国ゴマ
あれ、青少年じゃなくておじさんでてきちゃった。
じぇっとすとりーむあたーっく
おじさん中国ゴマの合体技炸裂━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

おわったら刀の演舞をした子がプレゼントくれました。
ありがとー

羽蹴りとか、輪回しとか、いろいろ遊ばせてもらいました。
長縄跳びも盛り上がりましたよ。
各国の子どもたちも一緒に(*゚▽゚)つ

こま
鞭みたいのでびしびし叩いてまわすこま。
はたらけーはたらけーって言ってるみたいですねぇ。


そして夕飯は餃子。
舜泉餃子城へ。
餃子城です。

どんどん料理が出てきました。
なんでしょうね。
どんどん出てきます。
なんでしょうね。
他にもたくさん、ご飯も出てきました。
餃子でずにおなかいっぱいになりそうです。

まだ餃子が登場しませんが・・・。
あ、来ましたね。
焼き餃子ですね。

餃子じゃないのが来ましたね。
謎魚 border=
また餃子じゃないのが来ましたね。
えびときゅうり

きました。水餃子ですね。
きた!

スープ出てきました。
スープですね。
トマトと卵のスープ。さっぱり。

この時点でかなりおなかいっぱいです。
テーブルいっぱいです。
餃子城もあまり餃子でないんですね、なんて思っていたら・・・。


どんどん出てくる水餃子。
( ゚д゚)
また(*゚▽゚)
(;゚д゚)
また(;゚д゚)
((((;゚Д゚)))))
またきた((((;゚Д゚)))))


餃子城、本気出してせめて来ましたΣ(゚д゚lll)

最終的にはテーブルに乗り切らない量の餃子が。
もうてんやわんや。
餃子城の餃子攻め、かなりのものでした。

ごちそうさまでした(゚ー゚*)

お持ち帰りの際に餃子をビニール袋に直詰めするのに子どもたちはびびってました。
中国式ですよ。


食事中、こんな新聞記事が。
新聞記事に!!
新潟市代表団、ジュニア邦楽チームが中国の新聞に!!
参加する各国を抑えて写真入で掲載されました。

みんな、早起きして浴衣を着てよかったねー。

そんなこんなで三日目終了。
明日は閉幕式、演奏があります。

では、ごきげんよう。

世界子どもフェスティバルin中国 その2

中国二日目です。
今日からいよいよフェスティバルの公式日程が始まります。

開会式の参加は民族衣装でということでしたので、子どもたちは浴衣で。
早起きして浴衣の準備をして朝食。
そして会場へ移動と。

会場は青少年宮というところ。
各国代表団の代表の子どもが壇上であいさつ。
ロビーにて開会式。

ここからまさかの2時間たちっぱなし・・・。
おじさんはしんどかった(゚д゚lll)

青少年宮では済南市のこどもたちがいろいろなことを学んでいます。
んで、二胡の部屋。
二胡部屋
体験しました。
キラキラ星くらい弾けたんだけど忘れちゃってますね(゚ー゚*)

習字
習字の部屋。
みんなうまい。
筆の持ち方が中国式??

京劇。
京劇の部屋
京劇の演出してます。
衣装もばっちり。

孫悟空だー
孫悟空。
顔のメイクだけだと少し寂しいね。
でも動きがかわいかったです(*゚▽゚)

見学が終わったら、青少年宮から移動。
昼食会場へ。おなかすいたなぁ。
にくまん!!
お昼でした。
会場があつかったー。
日本からはもう一団体、和歌山県からも参加してまして、その先生方と一緒のテーブルでした。

いったんホテルにかえり、浴衣をぬぎ、シャワーをあび、一瞬の昼寝!?をしたあとに済南市の名所を観光しました。

済南市はきれいな水が有名であちこちに泉が沸いているそうです。
まずその中から、ホウ突泉へ。
柳がすずしげ

こんこんと泉がわいているそうですよ。
水柱が立つくらいに。

さて。

さて・・・。

(゚ー゚*)

今日は泉の調子が悪いようです。

沸いている写真
調子のいいときはこんな感じだそうです。

屋外劇場みたいなところで、京劇の伴奏の練習してました。
水遊び場みたいなところで、水鉄砲で遊んでいる子どもたちが多かったです。
水鉄砲は昔の竹で作ったようなぎゅーっておすとぴゅーってでる単純な構造のアレが、ステンレスですかね、そんな素材になってました。
たのしそーに遊んでました。

で次の観光地は大明湖。
大きな湖です。
詩人の杜甫が詩を書いたと。
大明湖とかいてありますね。
立派な門です。

これに乗って湖の真ん中にある島へ行きます。
船
何台もありましたよ。

出発と。
水しぶき!
風が気持ちよかったですよ。

んでつきましたよ。
結構すぐでした。
真ん中の島に到着
あつーいです。日差しが容赦なく攻めてきます。
日陰でぼんやりして過ごす。

船に乗ってまた戻りました。
バスで夕食の場所に移動しました。

予定表に書いてある「KFC」の文字で、訪中前から話題になっていた本日の夕食。
まさかのケンタッキーフライドチキンです。

到着したら店長さんがハイテンションで迎えてくれました。
各国の皆さんとご機嫌で記念撮影。
ばんばん写真、とりまくってました。
すっげーたのしそう。

さて、中国のケンタ、どんなもんでしょー。
セットですねー。
日本でもおなじみのものもあるのですが、今回出されたものは、こちら!!

ミルクティーに細かいコーヒーゼリーが入ったものです。
ドリンク
ただ・・・。
飲み辛かった。
ふたの部分のプラスチックが固めでして、ストローがつぶれてしまってい飲みにくいという残念が発生してしまいました(゚ー゚*)

辛い!
タンドリーチキン風。
辛い(*゚▽゚)。

巻いてありました。辛い!
ラップサンドみたいな。
中身は中国らしいお肉の感じです。スパイシー。辛い(*゚▽゚)

これ!うまい!好き!
暖かなデザートですな。
パイ生地につつまれてます。
焼きプリン風。
これ、おいしーかったです。うまー(*゚▽゚)。

あとはポテトがでました。

そんな夕食でした。

夕食後はすぐ近くにあったお土産屋さんに入る。
お土産。
いろいろなもの売ってますねー。
ここの値段がすごく安くてお買い得だったというがわかるのはもう少し後のお話ですね。

ホテルのそばのスーパーにいってお買い物等して今日は終了。
お疲れ様でした。

中国三日目につづきます。

世界子どもフェスティバルin中国 その1

中国です。
そうです、海外です。

新潟市ジュニア邦楽教室で海外遠征です!!
いろんな国の子どもたちが、中国は済南市にて国際交流するというイベントです。

新潟市代表として参加してきましたよー。
ジュニア邦楽教室から選抜された8名が国際交流してきました。

てことで、そのときの様子を書いてゆきます。


一日目・・・

早朝から新潟空港へ。
新潟空港へのリムジンバスは安くて便利ですな。

結団式的な出発式的なものを済ませ、いざ出国。
子どもたちは海外に行くのはもちろん、飛行機にのるのも初めてという子も多く、なにやらテンション高めですね。

まずは、仁川まで飛んで、そこから乗り換えて中国は山東省の省都である済南市に。
大韓航空
仁川までは2時間ほど。
もちろん、機内食出ます。

こちら。
うなぎです。
うなぎでした。
うまうま。

そうこうしているうちに韓国の仁川空港に着きました。
仁川空港
でかい壺が迎えてくれました。
いやぁ、でかいね。
ひろい、さすがの仁川国際空港。

乗り継ぎもスムーズにあっという間に済南行きの飛行機の搭乗時間に。
大韓航空その2

国際線ですしね、機内食でますよ。

さてさて・・・。
20100うなぎその2
また、うなぎだね。
ちらしずし風ですね。

んで、二時間ほど。つきましたよ。

空港を出て、荷物をバスに積み込みます。
箏がそれはまあ、大荷物でして。
バスバス
荷物はこんな感じで。
にもつにもつ

んで走り出しました。
中国いちいちでかいです。
道も広すぎ、建物でかすぎ。
車、自由に走りすぎ、人、自由に横断しすぎ。
爆走
そんな中国道路事情。
子どもたちはクラクションにびびってました。

そんなこんなでホテルに到着。
舜耕山荘というところ。

豪華なロビーから荷物を抱えてかなり移動するというか・・・。
部屋までとおいです。

すこし休憩して、今日は歓迎レセプション。
私は代表団の団長として参加してまして。
各国の団長のみが参加するちょっと緊張する会食の場に・・・。
竜宮城みたいな部屋
それでも写真は撮る。

部屋の中にお堀がありまして、まんなかにでかい円卓がございました。
豪華豪華。

こんな中国一日目。
明日は開会式でいよいよフェスティバル開催です。

ではごきげんよう。
Information

出演情報
[ 2016.5.22 ]
薫風之音
新川文化ホール小ホール(富山県魚津市)
和楽器スーパーライブ2016 薫風之音コンサート

[ 2016.5.15 ]
薫風之音
砂丘館(新潟市)
薫風之音ライブ2016

[ 2016.5.8 ]
尺八四重奏団「破竹」
伊那市生涯学習センターホール(長野県伊那市)
尺八四重奏団「破竹」コンサート

=============

[楽曲提供しました!]
超耕21ガッター
TV放送第3シーズン
謎の男 流れ笹次郎のテーマ

[楽曲提供しました!]
ラジオ番組「FM Port スポーツスペシャル REAL ALBI」
2016年テーマ曲

=============
以下は終了いたしました。

[ 2016.4.17 ]
薫風之音
白山神社(新潟市)
白山春祭り「奉納演芸」

[ 2016.4.5-6 ]
薫風之音
自由学園明日館(東京都豊島区)
夜桜コンサート

[ 2016.3.27 ]
ジュニア邦楽合奏団
りゅーとぴあコンサートホール(新潟市)
第12回スプリングコンサート

[ 2016.1.20 ]
薫風之音
新潟市役所ロビー(新潟市)
ロビーコンサート

[ 2016.1.9 ]
薫風之音
Live in Studio A 2016
「青嵐の抄」
りゅーとぴあスタジオA(新潟市)

[ 2016.1.2 ]
薫風之音
FM Port 79.0MHz
PORT Tastig Music

おしらせ
・コンサートチケットのご予約は、受付完了の返信メールがあって、完了いたします。メールでお申し込みをされて、1週間以上返信がない場合はもう一度お申し込みください。

・コンサートのチケットお申し込みや各種お問い合わせをメールでされた方で、返信が1週間以上ない場合、サーバーの都合で迷惑メールに分類されてしまい、私の手元に届いてない場合があります。そのような場合は、お手数ですが、もう一度メールを送信していただくか、ブログ内のメールフォームをご利用ください。ご迷惑をおかけしております。

・リンクのないコンサートの詳細は後日記載させていただきます。 少々お待ちください。

尺八教室のご案内
・鯨岡徹はこんなところで尺八を教えています。L(゚□゚ )

<鯨岡尺八教室>
初めての方でも安心の丁寧な個人レッスン!初歩の初歩、持ち方から丁寧に指導します!
仲間と一緒にグループレッスンも!

<尺八勇魚会>
鯨岡徹が主宰の尺八研鑽会。
演奏技術の向上をめざそう!!

<和楽の会>
新潟市で活動する和楽器サークル。講師として指導させていただいてます。初歩の方も丁寧に指導します。
箏・三味線もあります。

<新潟市ジュニア邦楽教室>
新潟に住む子ども(高校生まで)は迷わずこちら。
尺八講師・指揮者として指導させていただいています。

詳しくは、
http://kujira108.web.fc2.com/lesson.html
をご覧ください。

またメールフォームなどからお気軽にお問い合わせください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
常連さんもサーチエンジンでうっかり迷い込んだ方も、ブログ内の記事検索できます。どうぞご利用くだされ。
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CD・楽譜のご紹介
薫風之音「たまゆらのもり」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


薫風之音CD情報
[ 2012.12月発売 ]

絶賛発売中
薫風之音2ndCD「風花の抄」
薫風之音2ndCD「風花の抄」
→ご購入はこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/

薫風之音「百花咲く」
CD「風花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


[ 2010.11月発売 ]

好評発売中
薫風之音1stCD「月花の抄」
薫風之音1stCD「月花の抄」
→お求めはこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/

薫風之音「籠の鳥」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


薫風之音「月ノ雫」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


============= 楽譜情報

楽譜「月ノ雫」
編成:箏・尺八

楽譜「籠の鳥」
編成:箏・十七絃・尺八

楽譜「砂山」
編成:箏・尺八

楽譜「さくらゆらり」
編成:箏・尺八

→お求めはこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/
プロフィール

isanaweb

Author:isanaweb
尺八:鯨岡徹(クジラオカトオル)
新潟・富山を拠点として活躍中。演奏も作曲も編曲も指導もコンサート企画制作もやってます。
オーケストラアジア、オーケストラアジアジャパン団員。箏・尺八二重奏「薫風之音」メンバー。尺八四重奏団「破竹」メンバー。新潟市ジュニア邦楽教室尺八講師・合奏指導、指揮者。

★YouTube
イサナミュージックちゃんねる
曲が聴ける!

★Twitter
twitter.com/kujira108
いさなくんがつぶやいている!

 鯨岡尺八教室では、持ち方から!?丁寧に指導いたします。初心者も経験者も大歓迎です。尺八を始めたい方はお気軽にお問い合わせください。→鯨岡尺八教室、詳しくは、http://kujira108.web.fc2.com/lesson.htmlをごらんください。

最近の記事
最近のコメント
ブログ掲載内容に関して

個人的趣味のページですが、関係者の方が記事に問題があると思われた場合(内容が間違っている、著作権に触れるなど)には、ご連絡いただければそれなりに対処をいたします。
下記のメールフォームからお願いします。

メールフォーム
「何が起こるかわからないから〈略。」に関するお問い合わせはこのフォームからどうぞ。尺八のレッスン・和楽器の演奏依頼・体験教室から、おいしいお店・食べ物・癒し処etc.の情報まで、何でもお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
RSSフィード