スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に行ってきました。 5日目:中編(9月18日)

・・・9月18日:中編 中国滞在5日目

いよいよ本番です。
僕は尺八の端っこの隅っこが定位置だったのですが、諸事情により急遽舞台のセンター付近の位置に座ることに。

いつもと見える風景の違いが新鮮で気持ちがいい。

怖い顔していると目立つなー。にこやかに(*゚▽゚)。

舞台に出ると、お客さんは拍手で迎えてくれました。
指揮者の劉先生が登場して1曲目。

今回の芸術祭のテーマ曲からスタート。
美人の歌手がオーケストラアジアの伴奏をバックに歌います。
きれいな人だー。
この曲、テーマ曲だけあって頭に残ります。
シャワー浴びてるときにふと口ずさんでいることもしばしば。

2曲目は「茉莉花」
中国の曲。かわいい曲です。
やっぱり笛子の自由なソロがかっこいい。
アレだけ吹きたい。ふけるようになりたい。

ここから各国をフィ(ュ?)ーチャーした曲が演奏されます。

3曲目は「二泉映月」
まずは中国の曲です。二胡のソリストが登場。
すごいドレスで登場。美人だわー。見惚れるねー(*゚ρ゚) 。
ゆっくりとした曲できれい。僕、もう演奏しながらうっとりしてしまいす。

ソリストに大きな拍手が送られて、ここからは日本の楽器での演奏。
中国の奏者がステージを降りて韓国と日本の奏者が残ります。

さあ、演奏はじめっぞ!
って気合も乗ってるのですが、劉先生がノリノリで日本の楽器を紹介(゚ー゚)

短いフレーズとともに笛・尺八・琵琶・三味線・箏・十七絃・打楽器と解説してゆきます。
三味線の紹介のときに、勧進帳のスタンバイで舞台の前方にスタンバイしているメンバーに気付かず、目線と手を後ろにやって「しゃみせーん(もちろん中国語ですよ。)」と張り切って紹介するも、すぐ横で引き始めて劉先生びっくりという流れは、定番のギャグのようにこれからの2公演すべてそうでした。
全部中国語ですから何を言ってるかわからないのと、劉先生がノリノリの所為もあって、ながーいの。
もう、ながーいの。
でもお客さん楽しんでくれたからよかったよ。

そして日本の演奏が始まります。
まずは「勧進帳」のオーケストラバージョンですね。
三味線と鼓、大鼓が曲を引張って和楽器によるオーケストラがつきます。
ノリもよく掛け声も入ってとっても華やか。
三味線と鼓、かっこいいす(*゚▽゚)ノ
大きな拍手をいただきました。

そして「鶴の巣篭もり」のオーケストラバージョン。
リーダーがソリストですよ。
ひきつけますねー。日本人の謎の超絶技巧が炸裂してる感じ?
あの竹の笛で一体どんなことがおこってるんだと思ったことでしょう。
こちらも大きな拍手。
後から聞きましたが中国、韓国の奏者も「先生すごい(゚□゚*)どーなってんの、アレ」といってました。

そして韓国チームによる演奏。でもこのまま日本チームも舞台に残ります。
で、韓国の楽器の紹介が始まります。
テグム、ピリ、アジェン、カヤグム、ヘグム、そしてチャンゴ。
劉先生ノリノリだからコレもながーいの。説明。

ようやっと韓国の指揮者、金先生が登場しソリストが招かれる。
「ヘグム協奏曲」です。
ソリストはヘグムの奏者って韓国のカリスマ朴先生の娘さん!!
さすがだわ(*゚▽゚)ノ。
個人的にいいなーってのは、テグムの音が、ヘグムの上にぴゅーっとのって。
スッゴイきれい。管楽器なのに弦楽器のヘグムに合うのよ、すごい。
僕は吹く楽器だからかずっとテグムに注目してたんだけど、音色がいい。
すげぇきれい。
当然ソリストのヘグムもイイ(*゚▽゚)ノ!!

大きな拍手でまずは前半戦終了。

てかねー、指揮者やソリストが舞台から降りるたびに、舞台袖から顔を出してバシャバシャΣ(゚□゚(゚□゚*)写真をとってにっこにっこしている劉先生がかわいすぎるんですけどー(*゚▽゚)ノ。
自由な方だー。指揮も自由。もうかわいく見えちゃってしょうがない。
後半もこの調子なのか(゚ー゚*)!?それも見ものだ。

後半は、日中韓の歌物、声がテーマの協奏曲三曲が。

まずはわが日本。
琵琶協奏曲「祇園精舎」
指揮者の稲田先生とソリストの石田さえ先生が大きな拍手で招かれる。
日本の侘び・寂びってんですかねぇ。
本当に日本のそれが感じられるよい曲。
琵琶のカデンツァがしびれますよー。かっちょえぇ。
語りがまたシビレマス(*゚▽゚)。
日本のものは大陸系とは違うスタイルの音楽なんだなーってあらためて思いました。
でもね、なんどとなく演奏してきた曲ですが、オーケストラアジア全体の音で作られるこの曲はまた全然違ったいいものを作ってくれるよー。

そして韓国。
カヤグム協奏曲「伽耶誦」
指揮者の朴先生登場。きゃー(*゚▽゚)ノ僕の心の中。
そしてソリストは金日輪先生。
朴先生の指揮にうっとりしながら演奏。
この曲は歌がいい。
歌詞の意味なんか全然わからないのに心に迫ってなんか泣けてしまう。ぐっと来ちゃうもん。
すっげぇわー(*゚▽゚)ノ。
歌詞の意味を勝手に想像したりして自分の中で感動していたもん。
きっとこんなこと歌ってるんだよって。
朴先生がカヤグム弾きながらここまで歌を歌えるのは金日輪先生だけだ!って練習のときいってたなー。
この曲でもテグムがひゅーって。いいよー。かっこいいもん。

で、中国。というかモンゴルかな。
馬頭琴協奏曲「源」
指揮者はわが稲田先生ですよ。ソリストはナリス先生。
3月のオーケストラアジアジャパンの公演で初演されましたが、オーケストラアジアバージョンにアレンジされてます。
すっげぇ迫力。
ジャパン版もかなりのものでしたが、オーケストラアジアの音で演奏するとこれはもうすごい。
大草原が、大きな空が、吹く風が、全部スケールがでかくなる。広がりが全然違う。
見所は馬頭琴は当然。
若いナリスのエネルギーすべてが音に流れ込んでパワー溢れる響き。
ホーミーもすごい。
がんがん僕の心に響いてきます。
後は、ソナ。
僕のお気に入りのソナ。これがかっちょえー。
オープニングの笛子もすげぇいけてるんだけど、その直後にソナがいいところ奪うなぁ。
後は、尺八(*゚▽゚)ノ
といっても僕とリーダーとで勝手に盛り上がってるんですけど、後半に出てくるボッシュボッシュポイント。
エキサイティング!!
あそこを吹くのが楽しみでしょうがねぇ。
で、どかーんっとエンディング(*゚▽゚)ノ。

もう大拍手。
ソリスト、指揮者が大拍手で迎えられて、抱き合って。
そしてアンコールは「揺族舞曲」
劉先生、超楽しそうに振るねー。
中国ではポピュラーな曲なんだろうねー。
メインテーマをアレンジした演奏はテレビでよく流れていたもの。
お客さんもタイトルを聞いて歓声上げてたし。
テーマをたっぷり弾いた後は、快速に超速にぶっ飛ばしてエンディング!!

いやー気持ちのいいコンサートをさせていただきました。
相変わらず後半も劉先生は舞台袖の扉が開くたびに、写真バシバシとってたし。

いやーオーケストラアジアの音は熱いねぇ。
魂揺さぶる。
しかし、私の稚拙な文章では文章ではなかなか伝わりませんねぇ。

なにかー、なにかいい方法はないかしら・・・・。

・・・。

(*゚▽゚)ノ!!

なんとー、オーケストラアジア、11月8日に東京公演、9日には静岡公演があります。

みなさま、ラッキー!!

2007年11月8日(木)19:00開演 
すみだトリフォニーホール(東京都墨田区)

チケット  
現在発売中 (全席指定・税込み)
料金 : S席¥5,000- A席¥4,000- B席¥3,000-  
小中高生(A・B席のみ)¥1,000-

※小中高校生席は「オーケストラ アジア」日本委員会とトリフォニーホールチケットセンターでのみの取り扱い。
未就学児の入場・同伴はお断りいたします。

販売
電子チケットぴあ
0570-02-9999 または 0570-02-9990 (Pコード261-166)
イープラス http://eplus.jp (PC、携帯共通)
「オーケストラ アジア」日本委員会 03-3295-6147
トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212

プログラム
「茉莉花(ジャスミン)」劉文金作曲
「琵琶協奏曲“祗園精舎”」秋岸寛久作曲
「馬頭琴と管絃楽のための“源”」唐建平作曲
「伽耶琴協奏曲“伽耶誦”」朴範薫作曲     他

連絡いただければチケットご用意いたします。
右側のフォームから2007年11月8日コンサートチケットと題してお申し込みください。

あーよかったー。
文章だけで伝わらないもどかしさが解消されました。
生のオーケストラアジア体験してください。

そして僕のブログは後編に続きます。
スポンサーサイト

comment

Secret

演奏会の様子

感じ出てます。リーダーの事もじょうずに書いてくれてうれしい。でもホントくじらくんの書いた通りの楽しいコンサートでした。

私も行きたい!!

日本での公演、私も行きたいです!!
でも、行けない~T T

また、鯨さんの文章に頼らないといけないので、これからもよろしく!!^^

そういえば、中国の指揮者先生のことば…長いですね~
通訳のとき、めっちゃ緊張してたことが思い出しました。
でも、楽しかったなあ~~^^

>リーダー
もっと上手に伝えたいのですが、こんなもんじゃないですよねー。もう見に来るしかないですよねー。

>ソンさん
日本の公演こないとー(*゚▽゚)ノなんて。
がんばってレポートします。

あの時は中国語→韓国語→日本語だから、ソンさんなおさら大変だったよね。
Information

出演情報
[ 2016.5.22 ]
薫風之音
新川文化ホール小ホール(富山県魚津市)
和楽器スーパーライブ2016 薫風之音コンサート

[ 2016.5.15 ]
薫風之音
砂丘館(新潟市)
薫風之音ライブ2016

[ 2016.5.8 ]
尺八四重奏団「破竹」
伊那市生涯学習センターホール(長野県伊那市)
尺八四重奏団「破竹」コンサート

=============

[楽曲提供しました!]
超耕21ガッター
TV放送第3シーズン
謎の男 流れ笹次郎のテーマ

[楽曲提供しました!]
ラジオ番組「FM Port スポーツスペシャル REAL ALBI」
2016年テーマ曲

=============
以下は終了いたしました。

[ 2016.4.17 ]
薫風之音
白山神社(新潟市)
白山春祭り「奉納演芸」

[ 2016.4.5-6 ]
薫風之音
自由学園明日館(東京都豊島区)
夜桜コンサート

[ 2016.3.27 ]
ジュニア邦楽合奏団
りゅーとぴあコンサートホール(新潟市)
第12回スプリングコンサート

[ 2016.1.20 ]
薫風之音
新潟市役所ロビー(新潟市)
ロビーコンサート

[ 2016.1.9 ]
薫風之音
Live in Studio A 2016
「青嵐の抄」
りゅーとぴあスタジオA(新潟市)

[ 2016.1.2 ]
薫風之音
FM Port 79.0MHz
PORT Tastig Music

おしらせ
・コンサートチケットのご予約は、受付完了の返信メールがあって、完了いたします。メールでお申し込みをされて、1週間以上返信がない場合はもう一度お申し込みください。

・コンサートのチケットお申し込みや各種お問い合わせをメールでされた方で、返信が1週間以上ない場合、サーバーの都合で迷惑メールに分類されてしまい、私の手元に届いてない場合があります。そのような場合は、お手数ですが、もう一度メールを送信していただくか、ブログ内のメールフォームをご利用ください。ご迷惑をおかけしております。

・リンクのないコンサートの詳細は後日記載させていただきます。 少々お待ちください。

尺八教室のご案内
・鯨岡徹はこんなところで尺八を教えています。L(゚□゚ )

<鯨岡尺八教室>
初めての方でも安心の丁寧な個人レッスン!初歩の初歩、持ち方から丁寧に指導します!
仲間と一緒にグループレッスンも!

<尺八勇魚会>
鯨岡徹が主宰の尺八研鑽会。
演奏技術の向上をめざそう!!

<和楽の会>
新潟市で活動する和楽器サークル。講師として指導させていただいてます。初歩の方も丁寧に指導します。
箏・三味線もあります。

<新潟市ジュニア邦楽教室>
新潟に住む子ども(高校生まで)は迷わずこちら。
尺八講師・指揮者として指導させていただいています。

詳しくは、
http://kujira108.web.fc2.com/lesson.html
をご覧ください。

またメールフォームなどからお気軽にお問い合わせください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
常連さんもサーチエンジンでうっかり迷い込んだ方も、ブログ内の記事検索できます。どうぞご利用くだされ。
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CD・楽譜のご紹介
薫風之音「たまゆらのもり」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


薫風之音CD情報
[ 2012.12月発売 ]

絶賛発売中
薫風之音2ndCD「風花の抄」
薫風之音2ndCD「風花の抄」
→ご購入はこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/

薫風之音「百花咲く」
CD「風花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


[ 2010.11月発売 ]

好評発売中
薫風之音1stCD「月花の抄」
薫風之音1stCD「月花の抄」
→お求めはこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/

薫風之音「籠の鳥」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


薫風之音「月ノ雫」
CD「月花の抄」に収録。
どうぞお聴きください。


============= 楽譜情報

楽譜「月ノ雫」
編成:箏・尺八

楽譜「籠の鳥」
編成:箏・十七絃・尺八

楽譜「砂山」
編成:箏・尺八

楽譜「さくらゆらり」
編成:箏・尺八

→お求めはこちらで。
http://isanaweb.cart.fc2.com/
プロフィール

isanaweb

Author:isanaweb
尺八:鯨岡徹(クジラオカトオル)
新潟・富山を拠点として活躍中。演奏も作曲も編曲も指導もコンサート企画制作もやってます。
オーケストラアジア、オーケストラアジアジャパン団員。箏・尺八二重奏「薫風之音」メンバー。尺八四重奏団「破竹」メンバー。新潟市ジュニア邦楽教室尺八講師・合奏指導、指揮者。

★YouTube
イサナミュージックちゃんねる
曲が聴ける!

★Twitter
twitter.com/kujira108
いさなくんがつぶやいている!

 鯨岡尺八教室では、持ち方から!?丁寧に指導いたします。初心者も経験者も大歓迎です。尺八を始めたい方はお気軽にお問い合わせください。→鯨岡尺八教室、詳しくは、http://kujira108.web.fc2.com/lesson.htmlをごらんください。

最近の記事
最近のコメント
ブログ掲載内容に関して

個人的趣味のページですが、関係者の方が記事に問題があると思われた場合(内容が間違っている、著作権に触れるなど)には、ご連絡いただければそれなりに対処をいたします。
下記のメールフォームからお願いします。

メールフォーム
「何が起こるかわからないから〈略。」に関するお問い合わせはこのフォームからどうぞ。尺八のレッスン・和楽器の演奏依頼・体験教室から、おいしいお店・食べ物・癒し処etc.の情報まで、何でもお気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。